法務の樹海

司法試験合格後、企業法務の世界に飛び込んだ新米法務担当者が、思ったことを思ったまま書き綴りながら、法務の樹海に迷い込みます。

オンライン英会話初めてみたよ

さすがに会話力ブラッシュアップしないとやばい感があるので、DMMをはじめました。とりあえず、気がついたこと、改善すべき点は毎回メモする必要があると思ったので、このブログにガンガン書こうと思います。

 

1、全体通して

  • 録音して自分の英語を聴き直せる体制にした方が良い(念のため利用規約は確認すること)
  • 終わった後は必ず自分が話した内容を再現し、自分で直した方が良い。理油は下記。
  • プロフェッショナルではないので、一定レベルを超えた細かい表現の誤りや、正確な発音の矯正はあまり期待できない。

2、教材について

  • 用意されている教材はあまりハイレベルではなく、自分のレベル感にはあっていないが、慣れるまでは教材に沿ってやるのが良さそう。
  • そもそもどのような会話をしたいのかという設計をこちらでしっかりしてから望む方が良い。さもなくばとりあえず教材に乗っかるのが良い。
  • 使ったのはこれ。さすがに簡単すぎてあくびが出た。

    http://eikaiwa.dmm.com/download/pdf/Conversation_Reviewbeginner_03.pdf

3、気がついたこと

  • self introductionはそもそも日本語で聞かれてもしっかり答えられないので、もはやこれは自己分析の問題なのではないか。なお、日本語で聞かれた時は「えっと、法律の人です。契約書いたり、たまに謝ったりしてます」みたいなクソ回答をしている。これについては十分に準備して練り上げておく、会話のパターンを分析してスクリプトを作っておくで良いと思った。
  • 自分の置かれている状況の説明(会社まで何分かかるか、どんな手段で通勤しているのか、どんな仕事をしているのか、仕事のモチベーションはどのようなものか等)も、結局細かくスクリプト化しておくという話だと思った。アドリブで話すのはスクリプトが染み付いた後で良い。
  • 発音はかなり良い方で指摘すべき点はないと言われたが、客観的にそんなわけないので、この部分は発音にうるさい人を探すかした方が良い。

4、今後の方針

  • どういったレッスンをどういう目的でしてもらいたいのか自分で設計・説明する。
  • 慣れるまでは教材を使った方が良いので、良さそうなものをあらかじめ選んでおく。
  • スカイプはテキストを使うことが多いので、別ウインドウで開いておいて使えるようにする。
  • 30代〜の人を選ぶ(会話の幅、観点が若すぎると少ない感じがする)